万葉集1373番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1373番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1373番について

歌番号

1373番

原文

春日山|々高有良之|石上|菅根将見尓|月待難

訓読

春日山山高くあらし岩の上の菅の根見むに月待ちかたし

かな読み

かすがやま|やまたかくあらし|いはのうへの|すがのねみむに|つきまちかたし

カタカナ読み

カスガヤマ|ヤマタカクアラシ|イハノウヘノ|スガノネミムニ|ツキマチカタシ

ローマ字読み|大文字

KASUGAYAMA|YAMATAKAKUARASHI|IHANOHENO|SUGANONEMIMUNI|TSUKIMACHIKATASHI

ローマ字読み|小文字

kasugayama|yamatakakuarashi|ihanoheno|suganonemimuni|tsukimachikatashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|奈良|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

かすがやま,[寛]かすかやま,
やまたかくあらし,[寛]やまたかからし,
いはのうへの[寛],
すがのねみむに,[寛]すかのねみむに,
つきまちかたし,[寛]つきまちかねぬ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました