万葉集1200番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1200番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1200番について

歌番号

1200番

原文

吾舟者|従奥莫離|向舟|片待香光|従浦榜将會

訓読

我が舟は沖ゆな離り迎へ舟方待ちがてり浦ゆ漕ぎ逢はむ

かな読み

わがふねは|おきゆなさかり|むかへぶね|かたまちがてり|うらゆこぎあはむ

カタカナ読み

ワガフネハ|オキユナサカリ|ムカヘブネ|カタマチガテリ|ウラユコギアハム

ローマ字読み|大文字

WAGAFUNEHA|OKIYUNASAKARI|MUKAHEBUNE|KATAMACHIGATERI|URAYUKOGIAHAMU

ローマ字読み|小文字

wagafuneha|okiyunasakari|mukahebune|katamachigateri|urayukogiahamu

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷

校異

特に無し

寛永版本

わがふねは,[寛]わかふねは,
おきゆなさかり,[寛]おきにさかるな,
むかへぶね,[寛]むかへふね,
かたまちがてり,[寛]かたまちかてら,
うらゆこぎあはむ,[寛]うらにこきあはむ,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました