万葉集1246番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1246番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1246番について

歌番号

1246番

原文

之加乃白水郎之|燒塩煙|風乎疾|立者不上|山尓軽引

訓読

志賀の海人の塩焼く煙風をいたみ立ちは上らず山にたなびく

かな読み

しかのあまの|しほやくけぶり|かぜをいたみ|たちはのぼらず|やまにたなびく

カタカナ読み

シカノアマノ|シホヤクケブリ|カゼヲイタミ|タチハノボラズ|ヤマニタナビク

ローマ字読み|大文字

SHIKANOAMANO|SHIHOYAKUKEBURI|KAZEOITAMI|TACHIHANOBORAZU|YAMANITANABIKU

ローマ字読み|小文字

shikanoamano|shihoyakukeburi|kazeoitami|tachihanoborazu|yamanitanabiku

左注|左註

右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|福岡|地名|叙景

校異

歌【西】謌

寛永版本

しかのあまの[寛],
しほやくけぶり,[寛]しほやくけふり,
かぜをいたみ,[寛]かせをいたみ,
たちはのぼらず,[寛]たちはのほらて,
やまにたなびく,[寛]やまにたなひく,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました