万葉集1082番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1082番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1082番について

歌番号

1082番

原文

水底之|玉障清|可見裳|照月夜鴨|夜之深去者

訓読

水底の玉さへさやに見つべくも照る月夜かも夜の更けゆけば

かな読み

みなそこの|たまさへさやに|みつべくも|てるつくよかも|よのふけゆけば

カタカナ読み

ミナソコノ|タマサヘサヤニ|ミツベクモ|テルツクヨカモ|ヨノフケユケバ

ローマ字読み|大文字

MINASOKONO|TAMASAHESAYANI|MITSUBEKUMO|TERUTSUKUYOKAMO|YONOFUKEYUKEBA

ローマ字読み|小文字

minasokono|tamasahesayani|mitsubekumo|terutsukuyokamo|yonofukeyukeba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌

校異

特に無し

寛永版本

みなそこの[寛],
たまさへさやに,[寛]たまさへきよく,
みつべくも,[寛]みつへくも,
てるつくよかも,[寛]てるつきよかも,
よのふけゆけば,[寛]よのふけゆけは,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました