万葉集1216番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1216番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1216番について

歌番号

1216番

原文

塩満者|如何将為跡香|方便海之|神我手渡|海部未通女等

訓読

潮満たばいかにせむとか海神の神が手渡る海人娘子ども

かな読み

しほみたば|いかにせむとか|わたつみの|かみがてわたる|あまをとめども

カタカナ読み

シホミタバ|イカニセムトカ|ワタツミノ|カミガテワタル|アマヲトメドモ

ローマ字読み|大文字

SHIHOMITABA|IKANISEMUTOKA|WATATSUMINO|KAMIGATEWATARU|AMAOTOMEDOMO

ローマ字読み|小文字

shihomitaba|ikanisemutoka|watatsumino|kamigatewataru|amaotomedomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

しほみたば,[寛]しほみたは,
いかにせむとか[寛],
わたつみの[寛],
かみがてわたる,[寛]かみかてわたる,
あまをとめども,[寛]あまのをとめら,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました