万葉集1300番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1300番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1300番について

歌番号

1300番

原文

遠近|礒中在|白玉|人不知|見依鴨

訓読

をちこちの礒の中なる白玉を人に知らえず見むよしもがも

かな読み

をちこちの|いそのなかなる|しらたまを|ひとにしらえず|みむよしもがも

カタカナ読み

ヲチコチノ|イソノナカナル|シラタマヲ|ヒトニシラエズ|ミムヨシモガモ

ローマ字読み|大文字

OCHIKOCHINO|ISONONAKANARU|SHIRATAMAO|HITONISHIRAEZU|MIMUYOSHIMOGAMO

ローマ字読み|小文字

ochikochino|isononakanaru|shiratamao|hitonishiraezu|mimuyoshimogamo

左注|左註

右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|略体

校異

特に無し

寛永版本

をちこちの[寛],
いそのなかなる[寛],
しらたまを[寛],
ひとにしらえず,[寛]ひとにしらせて,
みむよしもがも,[寛]みるよしもかも,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました