万葉集1338番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1338番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1338番について

歌番号

1338番

原文

吾屋前尓|生土針|従心毛|不想人之|衣尓須良由奈

訓読

我がやどに生ふるつちはり心ゆも思はぬ人の衣に摺らゆな

かな読み

わがやどに|おふるつちはり|こころゆも|おもはぬひとの|きぬにすらゆな

カタカナ読み

ワガヤドニ|オフルツチハリ|ココロユモ|オモハヌヒトノ|キヌニスラユナ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONI|OFURUTSUCHIHARI|KOKOROYUMO|OMOHANUHITONO|KINUNISURAYUNA

ローマ字読み|小文字

wagayadoni|ofurutsuchihari|kokoroyumo|omohanuhitono|kinunisurayuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがやどに,[寛]わかやとに,
おふるつちはり[寛],
こころゆも,[寛]こころにも,
おもはぬひとの[寛],
きぬにすらゆな[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました