万葉集1242番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1242番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1242番について

歌番号

1242番

原文

足引之|山行暮|宿借者|妹立待而|宿将借鴨

訓読

あしひきの山行き暮らし宿借らば妹立ち待ちてやど貸さむかも

かな読み

あしひきの|やまゆきぐらし|やどからば|いもたちまちて|やどかさむかも

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマユキグラシ|ヤドカラバ|イモタチマチテ|ヤドカサムカモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAYUKIGURASHI|YADOKARABA|IMOTACHIMACHITE|YADOKASAMUKAMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamayukigurashi|yadokaraba|imotachimachite|yadokasamukamo

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまゆきぐらし,[寛]やまゆきくらし,
やどからば,[寛]やとからは,
いもたちまちて[寛],
やどかさむかも,[寛]やとかさむかも,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました