万葉集1179番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1179番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1179番について

歌番号

1179番

原文

家尓之弖|吾者将戀名|印南野乃|淺茅之上尓|照之月夜乎

訓読

家にして我れは恋ひむな印南野の浅茅が上に照りし月夜を

かな読み

いへにして|あれはこひむな|いなみのの|あさぢがうへに|てりしつくよを

カタカナ読み

イヘニシテ|アレハコヒムナ|イナミノノ|アサヂガウヘニ|テリシツクヨヲ

ローマ字読み|大文字

IHENISHITE|AREHAKOHIMUNA|INAMINONO|ASAJIGAUHENI|TERISHITSUKUYO

ローマ字読み|小文字

ihenishite|arehakohimuna|inaminono|asajigauheni|terishitsukuyo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|土地讃美|地名

校異

特に無し

寛永版本

いへにして[寛],
あれはこひむな,[寛]われはこひむな,
いなみのの[寛],
あさぢがうへに,[寛]あさちかうへに,
てりしつくよを,[寛]てりしつきよを,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました