万葉集1120番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1120番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1120番について

歌番号

1120番

原文

三芳野之|青根我峯之|蘿席|誰将織|經緯無二

訓読

み吉野の青根が岳の蘿むしろ誰れか織りけむ経緯なしに

かな読み

みよしのの|あをねがたけの|こけむしろ|たれかおりけむ|たてぬきなしに

カタカナ読み

ミヨシノノ|アヲネガタケノ|コケムシロ|タレカオリケム|タテヌキナシニ

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|AONEGATAKENO|KOKEMUSHIRO|TAREKAORIKEMU|TATENUKINASHINI

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|aonegatakeno|kokemushiro|tarekaorikemu|tatenukinashini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|地名|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

みよしのの,[寛]みよしのは,
あをねがたけの,[寛]あをねかみねの,
こけむしろ[寛],
たれかおりけむ,[寛]たれかをりけむ,
たてぬきなしに[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました