万葉集1320番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1320番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1320番について

歌番号

1320番

原文

水底尓|沈白玉|誰故|心盡而|吾不念尓

訓読

水底に沈く白玉誰が故に心尽して我が思はなくに

かな読み

みなそこに|しづくしらたま|たがゆゑに|こころつくして|わがおもはなくに

カタカナ読み

ミナソコニ|シヅクシラタマ|タガユヱニ|ココロツクシテ|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

MINASOKONI|SHIZUKUSHIRATAMA|TAGAYUENI|KOKOROTSUKUSHITE|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

minasokoni|shizukushiratama|tagayueni|kokorotsukushite|wagaomohanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

みなそこに[寛],
しづくしらたま,[寛]しつくしらたま,
たがゆゑに,[寛]たかゆゑに,
こころつくして[寛],
わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました