万葉集1107番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1107番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1107番について

歌番号

1107番

原文

泊瀬川|白木綿花尓|堕多藝都|瀬清跡|見尓来之吾乎

訓読

泊瀬川白木綿花に落ちたぎつ瀬をさやけみと見に来し我れを

かな読み

はつせがは|しらゆふはなに|おちたぎつ|せをさやけみと|みにこしわれを

カタカナ読み

ハツセガハ|シラユフハナニ|オチタギツ|セヲサヤケミト|ミニコシワレヲ

ローマ字読み|大文字

HATSUSEGAHA|SHIRAYUFUHANANI|OCHITAGITSU|SEOSAYAKEMITO|MINIKOSHIWAREO

ローマ字読み|小文字

hatsusegaha|shirayufuhanani|ochitagitsu|seosayakemito|minikoshiwareo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|初瀬|奈良|地名|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

はつせがは,[寛]はつせかは,
しらゆふはなに[寛],
おちたぎつ,[寛]おちたきつ,
せをさやけみと,[寛]せをさやけくと,
みにこしわれを[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました