万葉集1177番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1177番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1177番について

歌番号

1177番

原文

若狭在|三方之海之|濱清美|伊徃變良比|見跡不飽可聞

訓読

若狭なる三方の海の浜清みい行き帰らひ見れど飽かぬかも

かな読み

わかさなる|みかたのうみの|はまきよみ|いゆきかへらひ|みれどあかぬかも

カタカナ読み

ワカサナル|ミカタノウミノ|ハマキヨミ|イユキカヘラヒ|ミレドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

WAKASANARU|MIKATANOMINO|HAMAKIYOMI|IYUKIKAHERAHI|MIREDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

wakasanaru|mikatanomino|hamakiyomi|iyukikaherahi|miredoakanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|福井|土地讃美|地名

校異

特に無し

寛永版本

わかさなる[寛],
みかたのうみの[寛],
はまきよみ[寛],
いゆきかへらひ[寛],
みれどあかぬかも,[寛]みれとあかぬかも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました