万葉集1142番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1142番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1142番について

歌番号

1142番

原文

命|幸久吉|石流|垂水々乎|結飲都

訓読

命をし幸くよけむと石走る垂水の水をむすびて飲みつ

かな読み

いのちをし|さきくよけむと|いはばしる|たるみのみづを|むすびてのみつ

カタカナ読み

イノチヲシ|サキクヨケムト|イハバシル|タルミノミヅヲ|ムスビテノミツ

ローマ字読み|大文字

INOCHIOSHI|SAKIKUYOKEMUTO|IHABASHIRU|TARUMINOMIZUO|MUSUBITENOMITSU

ローマ字読み|小文字

inochioshi|sakikuyokemuto|ihabashiru|taruminomizuo|musubitenomitsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

いのちをし,[寛]いのちさち,
さきくよけむと,[寛]ひさしきよしも,
いはばしる,[寛]いはそそく,
たるみのみづを,[寛]たるみのみつを,
むすびてのみつ,[寛]むすひてのみつ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました