万葉集1236番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1236番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1236番について

歌番号

1236番

原文

夢耳|継而所見<乍>|竹嶋之|越礒波之|敷布所念

訓読

夢のみに継ぎて見えつつ高島の礒越す波のしくしく思ほゆ

かな読み

いめのみに|つぎてみえつつ|たかしまの|いそこすなみの|しくしくおもほゆ

カタカナ読み

イメノミニ|ツギテミエツツ|タカシマノ|イソコスナミノ|シクシクオモホユ

ローマ字読み|大文字

IMENOMINI|TSUGITEMIETSUTSU|TAKASHIMANO|ISOKOSUNAMINO|SHIKUSHIKUOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

imenomini|tsugitemietsutsu|takashimano|isokosunamino|shikushikuomohoyu

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|滋賀|地名|序詞|望郷

校異

小->乍【万葉集古義】

寛永版本

いめのみに,[寛]ゆめにのみ,
つぎてみえつつ,[寛]つきてみゆれは,
たかしまの,[寛]ささしまの,
いそこすなみの[寛],
しくしくおもほゆ[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました