万葉集1181番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1181番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1181番について

歌番号

1181番

原文

朝霞|不止軽引|龍田山|船出将為日者|吾将戀香聞

訓読

朝霞止まずたなびく龍田山舟出せむ日は我れ恋ひむかも

かな読み

あさかすみ|やまずたなびく|たつたやま|ふなでしなむひ|あれこひむかも

カタカナ読み

アサカスミ|ヤマズタナビク|タツタヤマ|フナデシナムヒ|アレコヒムカモ

ローマ字読み|大文字

ASAKASUMI|YAMAZUTANABIKU|TATSUTAYAMA|FUNADESHINAMUHI|AREKOHIMUKAMO

ローマ字読み|小文字

asakasumi|yamazutanabiku|tatsutayama|funadeshinamuhi|arekohimukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|龍田|奈良|地名

校異

特に無し

寛永版本

あさかすみ[寛],
やまずたなびく,[寛]やますたなひく,
たつたやま[寛],
ふなでしなむひ,[寛]ふなてせむひは,
あれこひむかも,[寛]われこひむかも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました