万葉集1087番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1087番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1087番について

歌番号

1087番

原文

痛足河|々浪立奴|巻目之|由槻我高仁|雲居立有良志

訓読

穴師川川波立ちぬ巻向の弓月が岳に雲居立てるらし

かな読み

あなしがは|かはなみたちぬ|まきむくの|ゆつきがたけに|くもゐたてるらし

カタカナ読み

アナシガハ|カハナミタチヌ|マキムクノ|ユツキガタケニ|クモヰタテルラシ

ローマ字読み|大文字

ANASHIGAHA|KAHANAMITACHINU|MAKIMUKUNO|YUTSUKIGATAKENI|KUMOITATERURASHI

ローマ字読み|小文字

anashigaha|kahanamitachinu|makimukuno|yutsukigatakeni|kumoitaterurashi

左注|左註

右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|龍王山|奈良|非略体|地名

校異

立有【細】(塙)立|志【類】【紀】【温】思

寛永版本

あなしがは,[寛]あなしかは,
かはなみたちぬ[寛],
まきむくの,[寛]まきもくの,
ゆつきがたけに,[寛]ゆつきかたけに,
くもゐたてるらし,[寛]くもたてるらし,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました