万葉集1233番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1233番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1233番について

歌番号

1233番

原文

未通女等之|織機上乎|真櫛用|掻上栲嶋|波間従所見

訓読

娘子らが織る機の上を真櫛もち掻上げ栲島波の間ゆ見ゆ

かな読み

をとめらが|おるはたのうへを|まくしもち|かかげたくしま|なみのまゆみゆ

カタカナ読み

ヲトメラガ|オルハタノウヘヲ|マクシモチ|カカゲタクシマ|ナミノマユミユ

ローマ字読み|大文字

OTOMERAGA|ORUHATANOHEO|MAKUSHIMOCHI|KAKAGETAKUSHIMA|NAMINOMAYUMIYU

ローマ字読み|小文字

otomeraga|oruhatanoheo|makushimochi|kakagetakushima|naminomayumiyu

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|島根|地名|序詞|叙景

校異

特に無し

寛永版本

をとめらが,[寛]をとめらか,
おるはたのうへを,[寛]をるはたのうへを,
まくしもち,[寛]まくしもて,
かかげたくしま,[寛]かかけたくしま,
なみのまゆみゆ,[寛]なみまよりみゆ,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました