万葉集1321番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1321番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1321番について

歌番号

1321番

原文

世間|常如是耳加|結大王|白玉之緒|絶樂思者

訓読

世間は常かくのみか結びてし白玉の緒の絶ゆらく思へば

かな読み

よのなかは|つねかくのみか|むすびてし|しらたまのをの|たゆらくおもへば

カタカナ読み

ヨノナカハ|ツネカクノミカ|ムスビテシ|シラタマノヲノ|タユラクオモヘバ

ローマ字読み|大文字

YONONAKAHA|TSUNEKAKUNOMIKA|MUSUBITESHI|SHIRATAMANONO|TAYURAKUOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

yononakaha|tsunekakunomika|musubiteshi|shiratamanono|tayurakuomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

よのなかは[寛],
つねかくのみか[寛],
むすびてし,[寛]むすふきみ,
しらたまのをの[寛],
たゆらくおもへば,[寛]たえらくおもへは,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました