万葉集1229番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1229番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1229番について

歌番号

1229番

原文

吾舟者|<明>石之<湖>尓|榜泊牟|奥方莫放|狭夜深去来

訓読

我が舟は明石の水門に漕ぎ泊てむ沖へな離りさ夜更けにけり

かな読み

わがふねは|あかしのみとに|こぎはてむ|おきへなさかり|さよふけにけり

カタカナ読み

ワガフネハ|アカシノミトニ|コギハテム|オキヘナサカリ|サヨフケニケリ

ローマ字読み|大文字

WAGAFUNEHA|AKASHINOMITONI|KOGIHATEMU|OKIHENASAKARI|SAYOFUKENIKERI

ローマ字読み|小文字

wagafuneha|akashinomitoni|kogihatemu|okihenasakari|sayofukenikeri

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|地名

校異

明且->明【元】【古】|潮->湖【古】【紀】

寛永版本

わがふねは,[寛]わかふねは,
あかしのみとに,[寛]あかしのはまに,
こぎはてむ,[寛]こきとめむ,
おきへなさかり,[寛]おきへさかるな,
さよふけにけり[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました