万葉集1244番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1244番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1244番について

歌番号

1244番

原文

未通女等之|放髪乎|木綿山|雲莫蒙|家當将見

訓読

娘子らが放りの髪を由布の山雲なたなびき家のあたり見む

かな読み

をとめらが|はなりのかみを|ゆふのやま|くもなたなびき|いへのあたりみむ

カタカナ読み

ヲトメラガ|ハナリノカミヲ|ユフノヤマ|クモナタナビキ|イヘノアタリミム

ローマ字読み|大文字

OTOMERAGA|HANARINOKAMIO|YUFUNOYAMA|KUMONATANABIKI|IHENOATARIMIMU

ローマ字読み|小文字

otomeraga|hanarinokamio|yufunoyama|kumonatanabiki|ihenoatarimimu

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|大分|望郷|序詞|地名

校異

特に無し

寛永版本

をとめらが,[寛]をとめらか,
はなりのかみを,[寛]ふりわけかみを,
ゆふのやま[寛],
くもなたなびき,[寛]くもなかくしそ,
いへのあたりみむ[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました