万葉集1099番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1099番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1099番について

歌番号

1099番

原文

片岡之|此向峯|椎蒔者|今年夏之|陰尓将<化>疑

訓読

片岡のこの向つ峰に椎蒔かば今年の夏の蔭にならむか

かな読み

かたをかの|このむかつをに|しひまかば|ことしのなつの|かげにならむか

カタカナ読み

カタヲカノ|コノムカツヲニ|シヒマカバ|コトシノナツノ|カゲニナラムカ

ローマ字読み|大文字

KATAOKANO|KONOMUKATSUONI|SHIHIMAKABA|KOTOSHINONATSUNO|KAGENINARAMUKA

ローマ字読み|小文字

kataokano|konomukatsuoni|shihimakaba|kotoshinonatsuno|kageninaramuka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|王寺町|香芝町|奈良|地名

校異

比->化【万葉集古義】

寛永版本

かたをかの[寛],
このむかつをに,[寛]このたのみねに,
しひまかば,[寛]しゐまかは,
ことしのなつの[寛],
かげにならむか,[寛]かけになみむか,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました