万葉集1416番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1416番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1416番について

歌番号

1416番

原文

玉梓之|妹者花可毛|足日木乃|此山影尓|麻氣者失留

訓読

玉梓の妹は花かもあしひきのこの山蔭に撒けば失せぬる

かな読み

たまづさの|いもははなかも|あしひきの|このやまかげに|まけばうせぬる

カタカナ読み

タマヅサノ|イモハハナカモ|アシヒキノ|コノヤマカゲニ|マケバウセヌル

ローマ字読み|大文字

TAMAZUSANO|IMOHAHANAKAMO|ASHIHIKINO|KONOYAMAKAGENI|MAKEBAUSENURU

ローマ字読み|小文字

tamazusano|imohahanakamo|ashihikino|konoyamakageni|makebausenuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻歌|枕詞|葬儀

校異

歌【西】謌

寛永版本

たまづさの,[寛]たまつさの,
いもははなかも[寛],
あしひきの[寛],
このやまかげに,[寛]このやまかけに,
まけばうせぬる,[寛]まけはちりぬる,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました