万葉集1230番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1230番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1230番について

歌番号

1230番

原文

千磐破|金之三<埼>乎|過鞆|吾者不忘|<壮>鹿之須賣神

訓読

ちはやぶる鐘の岬を過ぎぬとも我れは忘れじ志賀の皇神

かな読み

ちはやぶる|かねのみさきを|すぎぬとも|われはわすれじ|しかのすめかみ

カタカナ読み

チハヤブル|カネノミサキヲ|スギヌトモ|ワレハワスレジ|シカノスメカミ

ローマ字読み|大文字

CHIHAYABURU|KANENOMISAKIO|SUGINUTOMO|WAREHAWASUREJI|SHIKANOSUMEKAMI

ローマ字読み|小文字

chihayaburu|kanenomisakio|suginutomo|warehawasureji|shikanosumekami

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|福岡|手向醎|地名|枕詞

校異

崎->埼【元】【紀】【温】|牡->壮【紀】

寛永版本

ちはやぶる,[寛]ちはやふる,
かねのみさきを[寛],
すぎぬとも,[寛]すきぬとも,
われはわすれじ,[寛]われはわすれす,
しかのすめかみ[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました