万葉集1140番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1140番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1140番について

歌番号

1140番

原文

志長鳥|居名野乎来者|有間山|夕霧立|宿者無<而>|[一本云|猪名乃浦廻乎|榜来者]

訓読

しなが鳥猪名野を来れば有馬山夕霧立ちぬ宿りはなくて|[一本云|猪名の浦みを漕ぎ来れば]

かな読み

しながどり|ゐなのをくれば|ありまやま|ゆふぎりたちぬ|やどりはなくて|[ゐなのうらみを|こぎくれば]

カタカナ読み

シナガドリ|ヰナノヲクレバ|アリマヤマ|ユフギリタチヌ|ヤドリハナクテ|[ヰナノウラミヲ|コギクレバ]

ローマ字読み|大文字

SHINAGADORI|INANOKUREBA|ARIMAYAMA|YUFUGIRITACHINU|YADORIHANAKUTE|[INANORAMIO|KOGIKUREBA]

ローマ字読み|小文字

shinagadori|inanokureba|arimayama|yufugiritachinu|yadorihanakute|[inanoramio|kogikureba]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|兵庫|大阪|羈旅|動物|地名

校異

為->而【元】【類】【紀】

寛永版本

しながどり,[寛]しなかとり,
ゐなのをくれば,[寛]ゐなのをくれは,
ありまやま[寛],
ゆふぎりたちぬ,[寛]ゆふきりたちぬ,
やどりはなくて,[寛]やとはなくして,
[ゐなのうらみを,[寛]ゐなのうらわを,
こぎくれば],[寛]こきくれは,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました