万葉集1231番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1231番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1231番について

歌番号

1231番

原文

天霧相|日方吹羅之|水莖之|岡水門尓|波立渡

訓読

天霧らひひかた吹くらし水茎の岡の港に波立ちわたる

かな読み

あまぎらひ|ひかたふくらし|みづくきの|をかのみなとに|なみたちわたる

カタカナ読み

アマギラヒ|ヒカタフクラシ|ミヅクキノ|ヲカノミナトニ|ナミタチワタル

ローマ字読み|大文字

AMAGIRAHI|HIKATAFUKURASHI|MIZUKUKINO|OKANOMINATONI|NAMITACHIWATARU

ローマ字読み|小文字

amagirahi|hikatafukurashi|mizukukino|okanominatoni|namitachiwataru

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|福岡|地名|叙景

校異

特に無し

寛永版本

あまぎらひ,[寛]あまきりあひ,
ひかたふくらし[寛],
みづくきの,[寛]みつくきの,
をかのみなとに[寛],
なみたちわたる[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました