万葉集1208番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1208番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1208番について

歌番号

1208番

原文

妹尓戀|余越去者|勢能山之|妹尓不戀而|有之乏左

訓読

妹に恋ひ我が越え行けば背の山の妹に恋ひずてあるが羨しさ

かな読み

いもにこひ|わがこえゆけば|せのやまの|いもにこひずて|あるがともしさ

カタカナ読み

イモニコヒ|ワガコエユケバ|セノヤマノ|イモニコヒズテ|アルガトモシサ

ローマ字読み|大文字

IMONIKOHI|WAGAKOEYUKEBA|SENOYAMANO|IMONIKOHIZUTE|ARUGATOMOSHISA

ローマ字読み|小文字

imonikohi|wagakoeyukeba|senoyamano|imonikohizute|arugatomoshisa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|地名|望郷|土地讃美|恋情

校異

1210嬥次捄配列【類】【古】【紀】以下、錯簡捄より「古集」注嬥該当歌を変更する。【西】【寛】国歌大観嬥配列捄従尫

寛永版本

いもにこひ[寛],
わがこえゆけば,[寛]わかこえゆけは,
せのやまの[寛],
いもにこひずて,[寛]いもにこひすて,
あるがともしさ,[寛]あるかいもしさ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました