万葉集1307番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1307番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1307番について

歌番号

1307番

原文

従此川|船可行|雖在|渡瀬別|守人有

訓読

この川ゆ舟は行くべくありといへど渡り瀬ごとに守る人のありて

かな読み

このかはゆ|ふねはゆくべく|ありといへど|わたりぜごとに|もるひとのありて

カタカナ読み

コノカハユ|フネハユクベク|アリトイヘド|ワタリゼゴトニ|モルヒトノアリテ

ローマ字読み|大文字

KONOKAHAYU|FUNEHAYUKUBEKU|ARITOIHEDO|WATARIZEGOTONI|MORUHITONOARITE

ローマ字読み|小文字

konokahayu|funehayukubeku|aritoihedo|watarizegotoni|moruhitonoarite

左注|左註

右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|障害|略体

校異

特に無し

寛永版本

このかはゆ,[寛]このかはに,
ふねはゆくべく,[寛]ふねもこくへく,
ありといへど,[寛]ありといへと,
わたりぜごとに,[寛]わたるせことに,
もるひとのありて,[寛]まもるひとあり,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました