万葉集1220番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1220番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1220番について

歌番号

1220番

原文

為妹|玉乎拾跡|木國之|湯等乃三埼二|此日鞍四通

訓読

妹がため玉を拾ふと紀伊の国の由良の岬にこの日暮らしつ

かな読み

いもがため|たまをひりふと|きのくにの|ゆらのみさきに|このひくらしつ

カタカナ読み

イモガタメ|タマヲヒリフト|キノクニノ|ユラノミサキニ|コノヒクラシツ

ローマ字読み|大文字

IMOGATAME|TAMAOHIRIFUTO|KINOKUNINO|YURANOMISAKINI|KONOHIKURASHITSU

ローマ字読み|小文字

imogatame|tamaohirifuto|kinokunino|yuranomisakini|konohikurashitsu

左注|左註

右七首者藤原卿作|未審年月

事項|分類・ジャンル

雑歌|藤原麻呂|羈旅|和歌山|地名

校異

特に無し

寛永版本

いもがため,[寛]いもかため,
たまをひりふと,[寛]たまをひろふと,
きのくにの[寛],
ゆらのみさきに[寛],
このひくらしつ[寛],

巻数

第7巻

作者

藤原房前

タイトルとURLをコピーしました