万葉集1287番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1287番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1287番について

歌番号

1287番

原文

青角髪|依網原|人相鴨|石走|淡海縣|物語為

訓読

青みづら依網の原に人も逢はぬかも石走る近江県の物語りせむ

かな読み

あをみづら|よさみのはらに|ひともあはぬかも|いはばしる|あふみあがたの|ものがたりせむ

カタカナ読み

アヲミヅラ|ヨサミノハラニ|ヒトモアハヌカモ|イハバシル|アフミアガタノ|モノガタリセム

ローマ字読み|大文字

AOMIZURA|YOSAMINOHARANI|HITOMOAHANUKAMO|IHABASHIRU|AFUMIAGATANO|MONOGATARISEMU

ローマ字読み|小文字

aomizura|yosaminoharani|hitomoahanukamo|ihabashiru|afumiagatano|monogatarisemu

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|大阪|略体|枕詞|地名

校異

特に無し

寛永版本

あをみづら,[寛]あをみつら,
よさみのはらに,[寛]よさみのはらの,
ひともあはぬかも,[寛]ひとにあへるかも,
いはばしる,[寛]いははしる,
あふみあがたの,[寛]あふみのかたの,
ものがたりせむ,[寛]ものかたりせむ,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました