万葉集1213番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1213番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1213番について

歌番号

1213番

原文

名草山|事西在来|吾戀|千重一重|名草目名國

訓読

名草山言にしありけり我が恋ふる千重の一重も慰めなくに

かな読み

なぐさやま|ことにしありけり|あがこふる|ちへのひとへも|なぐさめなくに

カタカナ読み

ナグサヤマ|コトニシアリケリ|アガコフル|チヘノヒトヘモ|ナグサメナクニ

ローマ字読み|大文字

NAGUSAYAMA|KOTONISHIARIKERI|AGAKOFURU|CHIHENOHITOHEMO|NAGUSAMENAKUNI

ローマ字読み|小文字

nagusayama|kotonishiarikeri|agakofuru|chihenohitohemo|nagusamenakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|望郷|地名

校異

特に無し

寛永版本

なぐさやま,[寛]なくさやま,
ことにしありけり[寛],
あがこふる,[寛]わかこひの,
ちへのひとへも[寛],
なぐさめなくに,[寛]なくさめなくに,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました