万葉集1186番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1186番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1186番について

歌番号

1186番

原文

朝入為流|海未通女等之|袖通|沾西衣|雖干跡不乾

訓読

あさりする海人娘子らが袖通り濡れにし衣干せど乾かず

かな読み

あさりする|あまをとめらが|そでとほり|ぬれにしころも|ほせどかわかず

カタカナ読み

アサリスル|アマヲトメラガ|ソデトホリ|ヌレニシコロモ|ホセドカワカズ

ローマ字読み|大文字

ASARISURU|AMAOTOMERAGA|SODETOHORI|NURENISHIKOROMO|HOSEDOKAWAKAZU

ローマ字読み|小文字

asarisuru|amaotomeraga|sodetohori|nurenishikoromo|hosedokawakazu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

あさりする[寛],
あまをとめらが,[寛]あまをとめらか,
そでとほり,[寛]そてとほり,
ぬれにしころも[寛],
ほせどかわかず,[寛]ほせとかはかす,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました