万葉集1130番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1130番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1130番について

歌番号

1130番

原文

神左振|磐根己凝敷|三芳野之|水分山乎|見者悲毛

訓読

神さぶる岩根こごしきみ吉野の水分山を見れば悲しも

かな読み

かむさぶる|いはねこごしき|みよしのの|みくまりやまを|みればかなしも

カタカナ読み

カムサブル|イハネコゴシキ|ミヨシノノ|ミクマリヤマヲ|ミレバカナシモ

ローマ字読み|大文字

KAMUSABURU|IHANEKOGOSHIKI|MIYOSHINONO|MIKUMARIYAMAO|MIREBAKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

kamusaburu|ihanekogoshiki|miyoshinono|mikumariyamao|mirebakanashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|羈旅|地名

校異

凝【類】【古】【紀】疑

寛永版本

かむさぶる,[寛]かみさふる,
いはねこごしき,[寛]いはねここしき,
みよしのの[寛],
みくまりやまを,[寛]みつわけやまを,
みればかなしも,[寛]みれはかなしも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました