万葉集1157番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1157番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1157番について

歌番号

1157番

原文

時風|吹麻久不知|阿胡乃海之|朝明之塩尓|玉藻苅奈

訓読

時つ風吹かまく知らず吾児の海の朝明の潮に玉藻刈りてな

かな読み

ときつかぜ|ふかまくしらず|あごのうみの|あさけのしほに|たまもかりてな

カタカナ読み

トキツカゼ|フカマクシラズ|アゴノウミノ|アサケノシホニ|タマモカリテナ

ローマ字読み|大文字

TOKITSUKAZE|FUKAMAKUSHIRAZU|AGONOMINO|ASAKENOSHIHONI|TAMAMOKARITENA

ローマ字読み|小文字

tokitsukaze|fukamakushirazu|agonomino|asakenoshihoni|tamamokaritena

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

ときつかぜ,[寛]ときつかせ,
ふかまくしらず,[寛]ふかまくしらす,
あごのうみの,[寛]あこのうみの,
あさけのしほに[寛],
たまもかりてな[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました