万葉集1209番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1209番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1209番について

歌番号

1209番

原文

人在者|母之最愛子曽|麻毛吉|木川邊之|妹与<背>山

訓読

人ならば母が愛子ぞあさもよし紀の川の辺の妹と背の山

かな読み

ひとならば|ははがまなごぞ|あさもよし|きのかはのへの|いもとせのやま

カタカナ読み

ヒトナラバ|ハハガマナゴゾ|アサモヨシ|キノカハノヘノ|イモトセノヤマ

ローマ字読み|大文字

HITONARABA|HAHAGAMANAGOZO|ASAMOYOSHI|KINOKAHANOHENO|IMOTOSENOYAMA

ローマ字読み|小文字

hitonaraba|hahagamanagozo|asamoyoshi|kinokahanoheno|imotosenoyama

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|地名

校異

背之->背【類】【古】【紀】

寛永版本

ひとならば,[寛]ひとならは,
ははがまなごぞ,[寛]おやのまなこそ,
あさもよし,[寛]あさもよい,
きのかはのへの,[寛]きのかはつらの,
いもとせのやま[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました