万葉集1199番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1199番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1199番について

歌番号

1199番

原文

藻苅舟|奥榜来良之|妹之嶋|形見之浦尓|鶴翔所見

訓読

藻刈り舟沖漕ぎ来らし妹が島形見の浦に鶴翔る見ゆ

かな読み

もかりふね|おきこぎくらし|いもがしま|かたみのうらに|たづかけるみゆ

カタカナ読み

モカリフネ|オキコギクラシ|イモガシマ|カタミノウラニ|タヅカケルミユ

ローマ字読み|大文字

MOKARIFUNE|OKIKOGIKURASHI|IMOGASHIMA|KATAMINORANI|TAZUKAKERUMIYU

ローマ字読み|小文字

mokarifune|okikogikurashi|imogashima|kataminorani|tazukakerumiyu

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|叙景|植物

校異

特に無し

寛永版本

もかりふね[寛],
おきこぎくらし,[寛]おきこきくらし,
いもがしま,[寛]いもかしま,
かたみのうらに[寛],
たづかけるみゆ,[寛]たつかけるみゆ,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました