万葉集1299番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1299番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1299番について

歌番号

1299番

原文

安治村|十依海|船浮|白玉採|人所知勿

訓読

あぢ群のとをよる海に舟浮けて白玉採ると人に知らゆな

かな読み

あぢむらの|とをよるうみに|ふねうけて|しらたまとると|ひとにしらゆな

カタカナ読み

アヂムラノ|トヲヨルウミニ|フネウケテ|シラタマトルト|ヒトニシラユナ

ローマ字読み|大文字

AJIMURANO|TOYORUMINI|FUNEUKETE|SHIRATAMATORUTO|HITONISHIRAYUNA

ローマ字読み|小文字

ajimurano|toyorumini|funeukete|shiratamatoruto|hitonishirayuna

左注|左註

右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|略体|動物

校異

特に無し

寛永版本

あぢむらの,[寛]あちむらの,
とをよるうみに,[寛]なをよるうみに,
ふねうけて[寛],
しらたまとると,[寛]しらたまとらむ,
ひとにしらゆな,[寛]ひとにしらすな,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました