万葉集1164番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1164番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1164番について

歌番号

1164番

原文

塩干者|共滷尓出|鳴鶴之|音遠放|礒廻為等霜

訓読

潮干ればともに潟に出で鳴く鶴の声遠ざかる磯廻すらしも

かな読み

しほふれば|ともにかたにいで|なくたづの|こゑとほざかる|いそみすらしも

カタカナ読み

シホフレバ|トモニカタニイデ|ナクタヅノ|コヱトホザカル|イソミスラシモ

ローマ字読み|大文字

SHIHOFUREBA|TOMONIKATANIIDE|NAKUTAZUNO|KOETOHOZAKARU|ISOMISURASHIMO

ローマ字読み|小文字

shihofureba|tomonikataniide|nakutazuno|koetohozakaru|isomisurashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|動物|叙景

校異

特に無し

寛永版本

しほふれば,[寛]しほひれは,
ともにかたにいで,[寛]ともかたにいてて,
なくたづの,[寛]なくたつの,
こゑとほざかる,[寛]おととほさかる,
いそみすらしも,[寛]あさりすらしも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました