万葉集1311番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1311番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1311番について

歌番号

1311番

原文

橡|衣人<皆>|事無跡|曰師時従|欲服所念

訓読

橡の衣は人皆事なしと言ひし時より着欲しく思ほゆ

かな読み

つるはみの|きぬはひとみな|ことなしと|いひしときより|きほしくおもほゆ

カタカナ読み

ツルハミノ|キヌハヒトミナ|コトナシト|イヒシトキヨリ|キホシクオモホユ

ローマ字読み|大文字

TSURUHAMINO|KINUHAHITOMINA|KOTONASHITO|IHISHITOKIYORI|KIHOSHIKUOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

tsuruhamino|kinuhahitomina|kotonashito|ihishitokiyori|kihoshikuomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|植物

校異

者->皆【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

つるはみの[寛],
きぬはひとみな,[寛]きぬきしひとは,
ことなしと[寛],
いひしときより[寛],
きほしくおもほゆ,[寛]きまほしくおほゆ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました