万葉集1336番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1336番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1336番について

歌番号

1336番

原文

冬隠|春乃大野乎|焼人者|焼不足香文|吾情熾

訓読

冬こもり春の大野を焼く人は焼き足らねかも我が心焼く

かな読み

ふゆこもり|はるのおほのを|やくひとは|やきたらねかも|わがこころやく

カタカナ読み

フユコモリ|ハルノオホノヲ|ヤクヒトハ|ヤキタラネカモ|ワガココロヤク

ローマ字読み|大文字

FUYUKOMORI|HARUNOHONO|YAKUHITOHA|YAKITARANEKAMO|WAGAKOKOROYAKU

ローマ字読み|小文字

fuyukomori|harunohono|yakuhitoha|yakitaranekamo|wagakokoroyaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

ふゆこもり[寛],
はるのおほのを[寛],
やくひとは[寛],
やきたらねかも,[寛]やきたらぬかも,
わがこころやく,[寛]わかこころやく,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました