万葉集1214番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1214番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1214番について

歌番号

1214番

原文

安太部去|小為手乃山之|真木葉毛|久不見者|蘿生尓家里

訓読

安太へ行く小為手の山の真木の葉も久しく見ねば蘿生しにけり

かな読み

あだへゆく|をすてのやまの|まきのはも|ひさしくみねば|こけむしにけり

カタカナ読み

アダヘユク|ヲステノヤマノ|マキノハモ|ヒサシクミネバ|コケムシニケリ

ローマ字読み|大文字

ADAHEYUKU|OSUTENOYAMANO|MAKINOHAMO|HISASHIKUMINEBA|KOKEMUSHINIKERI

ローマ字読み|小文字

adaheyuku|osutenoyamano|makinohamo|hisashikumineba|kokemushinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

あだへゆく,[寛]あたへゆく,
をすてのやまの[寛],
まきのはも[寛],
ひさしくみねば,[寛]ひさしくみねは,
こけむしにけり,[寛]こけをひにけり,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました