万葉集1282番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1282番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1282番について

歌番号

1282番

原文

橋立|倉椅山|立白雲|見欲|我為苗|立白雲

訓読

はしたての倉橋山に立てる白雲見まく欲り我がするなへに立てる白雲

かな読み

はしたての|くらはしやまに|たてるしらくも|みまくほり|わがするなへに|たてるしらくも

カタカナ読み

ハシタテノ|クラハシヤマニ|タテルシラクモ|ミマクホリ|ワガスルナヘニ|タテルシラクモ

ローマ字読み|大文字

HASHITATENO|KURAHASHIYAMANI|TATERUSHIRAKUMO|MIMAKUHORI|WAGASURUNAHENI|TATERUSHIRAKUMO

ローマ字読み|小文字

hashitateno|kurahashiyamani|taterushirakumo|mimakuhori|wagasurunaheni|taterushirakumo

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|奈良|非略体|枕詞|地名

校異

特に無し

寛永版本

はしたての[寛],
くらはしやまに[寛],
たてるしらくも[寛],
みまくほり[寛],
わがするなへに,[寛]わかするなへに,
たてるしらくも[寛],

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました