万葉集1132番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1132番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1132番について

歌番号

1132番

原文

夢乃和太|事西在来|寤毛|見而来物乎|念四念者

訓読

夢のわだ言にしありけりうつつにも見て来るものを思ひし思へば

かな読み

いめのわだ|ことにしありけり|うつつにも|みてけるものを|おもひしおもへば

カタカナ読み

イメノワダ|コトニシアリケリ|ウツツニモ|ミテケルモノヲ|オモヒシオモヘバ

ローマ字読み|大文字

IMENOWADA|KOTONISHIARIKERI|UTSUTSUNIMO|MITEKERUMONO|OMOHISHIOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

imenowada|kotonishiarikeri|utsutsunimo|mitekerumono|omohishiomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

いめのわだ,[寛]ゆめのわた,
ことにしありけり[寛],
うつつにも[寛],
みてけるものを,[寛]みてこしものを,
おもひしおもへば,[寛]おもひしおもへは,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました