万葉集1189番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1189番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1189番について

歌番号

1189番

原文

大海尓|荒莫吹|四長鳥|居名之湖尓|舟泊左右手

訓読

大海にあらしな吹きそしなが鳥猪名の港に舟泊つるまで

かな読み

おほうみに|あらしなふきそ|しながどり|ゐなのみなとに|ふねはつるまで

カタカナ読み

オホウミニ|アラシナフキソ|シナガドリ|ヰナノミナトニ|フネハツルマデ

ローマ字読み|大文字

OHOMINI|ARASHINAFUKISO|SHINAGADORI|INANOMINATONI|FUNEHATSURUMADE

ローマ字読み|小文字

ohomini|arashinafukiso|shinagadori|inanominatoni|funehatsurumade

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|動物|地名

校異

特に無し

寛永版本

おほうみに[寛],
あらしなふきそ[寛],
しながどり,[寛]しなかとり,
ゐなのみなとに[寛],
ふねはつるまで,[寛]ふねはつるまて,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました