万葉集1169番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1169番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1169番について

歌番号

1169番

原文

近江之海|湖者八十|何尓加|<公>之舟泊|草結兼

訓読

近江の海港は八十ちいづくにか君が舟泊て草結びけむ

かな読み

あふみのうみ|みなとはやそち|いづくにか|きみがふねはて|くさむすびけむ

カタカナ読み

アフミノウミ|ミナトハヤソチ|イヅクニカ|キミガフネハテ|クサムスビケム

ローマ字読み|大文字

AFUMINOMI|MINATOHAYASOCHI|IZUKUNIKA|KIMIGAFUNEHATE|KUSAMUSUBIKEMU

ローマ字読み|小文字

afuminomi|minatohayasochi|izukunika|kimigafunehate|kusamusubikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|滋賀|地名

校異

君->公【類】【古】【紀】【温】

寛永版本

あふみのうみ[寛],
みなとはやそち[寛],
いづくにか,[寛]いつくにか,
きみがふねはて,[寛]きみかふねはて,
くさむすびけむ,[寛]くさむすひけむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました