万葉集1330番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1330番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1330番について

歌番号

1330番

原文

南淵之|細川山|立檀|弓束<纒及>|人二不所知

訓読

南淵の細川山に立つ檀弓束巻くまで人に知らえじ

かな読み

みなぶちの|ほそかはやまに|たつまゆみ|ゆづかまくまで|ひとにしらえじ

カタカナ読み

ミナブチノ|ホソカハヤマニ|タツマユミ|ユヅカマクマデ|ヒトニシラエジ

ローマ字読み|大文字

MINABUCHINO|HOSOKAHAYAMANI|TATSUMAYUMI|YUZUKAMAKUMADE|HITONISHIRAEJI

ローマ字読み|小文字

minabuchino|hosokahayamani|tatsumayumi|yuzukamakumade|hitonishiraeji

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|尫柜蹋|飛鳥|地名|植物

校異

級->纒及【古】

寛永版本

みなぶちの,[寛]みなふちの,
ほそかはやまに[寛],
たつまゆみ[寛],
ゆづかまくまで,[寛]ゆつかまくまて,
ひとにしらえじ,[寛]ひとにしらるな,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました