万葉集1193番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1193番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1193番について

歌番号

1193番

原文

勢能山尓|直向|妹之山|事聴屋毛|打橋渡

訓読

背の山に直に向へる妹の山事許せやも打橋渡す

かな読み

せのやまに|ただにむかへる|いものやま|ことゆるせやも|うちはしわたす

カタカナ読み

セノヤマニ|タダニムカヘル|イモノヤマ|コトユルセヤモ|ウチハシワタス

ローマ字読み|大文字

SENOYAMANI|TADANIMUKAHERU|IMONOYAMA|KOTOYURUSEYAMO|UCHIHASHIWATASU

ローマ字読み|小文字

senoyamani|tadanimukaheru|imonoyama|kotoyuruseyamo|uchihashiwatasu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|地名

校異

特に無し

寛永版本

せのやまに[寛],
ただにむかへる,[寛]たたにむかへる,
いものやま[寛],
ことゆるせやも,[寛]ことゆるすやも,
うちはしわたす[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました