万葉集1333番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1333番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1333番について

歌番号

1333番

原文

佐<穂>山乎|於凡尓見之鹿跡|今見者|山夏香思母|風吹莫勤

訓読

佐保山をおほに見しかど今見れば山なつかしも風吹くなゆめ

かな読み

さほやまを|おほにみしかど|いまみれば|やまなつかしも|かぜふくなゆめ

カタカナ読み

サホヤマヲ|オホニミシカド|イマミレバ|ヤマナツカシモ|カゼフクナユメ

ローマ字読み|大文字

SAHOYAMAO|OHONIMISHIKADO|IMAMIREBA|YAMANATSUKASHIMO|KAZEFUKUNAYUME

ローマ字読み|小文字

sahoyamao|ohonimishikado|imamireba|yamanatsukashimo|kazefukunayume

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|奈良|地名

校異

保->穂【元】【類】【紀】

寛永版本

さほやまを[寛],
おほにみしかど,[寛]おほにみしかと,
いまみれば,[寛]いまみれは,
やまなつかしも[寛],
かぜふくなゆめ,[寛]かせふくなゆめ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました