万葉集1149番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1149番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1149番について

歌番号

1149番

原文

住吉尓|徃云道尓|昨日見之|戀忘貝|事二四有家里

訓読

住吉に行くといふ道に昨日見し恋忘れ貝言にしありけり

かな読み

すみのえに|ゆくといふみちに|きのふみし|こひわすれがひ|ことにしありけり

カタカナ読み

スミノエニ|ユクトイフミチニ|キノフミシ|コヒワスレガヒ|コトニシアリケリ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENI|YUKUTOIFUMICHINI|KINOFUMISHI|KOHIWASUREGAHI|KOTONISHIARIKERI

ローマ字読み|小文字

suminoeni|yukutoifumichini|kinofumishi|kohiwasuregahi|kotonishiarikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|望郷|地名|動物

校異

特に無し

寛永版本

すみのえに[寛],
ゆくといふみちに[寛],
きのふみし[寛],
こひわすれがひ,[寛]こひわすれかひ,
ことにしありけり[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました