万葉集1150番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1150番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1150番について

歌番号

1150番

原文

墨吉之|岸尓家欲得|奥尓邊尓|縁白浪|見乍将思

訓読

住吉の岸に家もが沖に辺に寄する白波見つつ偲はむ

かな読み

すみのえの|きしにいへもが|おきにへに|よするしらなみ|みつつしのはむ

カタカナ読み

スミノエノ|キシニイヘモガ|オキニヘニ|ヨスルシラナミ|ミツツシノハム

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|KISHINIIHEMOGA|OKINIHENI|YOSURUSHIRANAMI|MITSUTSUSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

suminoeno|kishiniihemoga|okiniheni|yosurushiranami|mitsutsushinohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|望郷|地名

校異

特に無し

寛永版本

すみのえの[寛],
きしにいへもが,[寛]きしにいへもか,
おきにへに[寛],
よするしらなみ[寛],
みつつしのはむ,[寛]みつつおもはむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました